Jメールの処女が既婚者に激怒した

Jメールの処女

Jメールは互いの素性を知らないところからスタートし徐々に知り合っていくものる。

名前や年齢を聞くところから始まるのだ。(その最低限の情報さえも知らずに会う事もある)

言い換えれば、隠し放題だが隠しすぎるとトラブルの元となる。

女性が人妻のケースもあるし処女のケースもあるからだ。

Jメールには性欲のある寂しがりの人妻がいる

今回はJメールにいた処女と遊んでトラブルになった話だ。

Jメールの処女がいた

Jメールを楽しんでいる友人がいて、彼は俺と逆のタイプでイケメンで面白くて遊び人。

それだけでなく、既に結婚し子供がいる。

今回もJメールで見つけたユキで27歳で事務員で美人と付き合った。

うらやまけしからん!

だがそんな幸せは長く続かない。

突然俺にヘルプの電話がきた。

どうやらユキに結婚している事がバレてしまった。

彼女は相当怒っているようで「裁判で訴える!」と息を巻いている。

婚約とかしたわけでもないのに訴えるとかありなのか?
しかも1ヵ月付き合っただけで、まだセックスをしていない。

そして、ユキは処女である。

突っ込みどころ満載すぎるw

普段は手が早い友人も「なんか危険な香りがしたためセックスを躊躇した」らしい。

さすがは百戦錬磨の男!
危機管理能力ばっちりだ。

あ、既にトラブルになってるかw
でも、これで処女を喰ったなんてなったらレイプとかって言われて訴えられそうな勢い。
不幸中の幸いと言ったところか。

それにしても厄介な女と付き合ったものだ。

脅すだけで何もしないと思ったが実家を調べて電話をした。

電話は母親が出て、「本人を出せ!」と言われていないと言ったらガチャ切りされた。

ただの嫌がらせ。

きっとユキの目的は裁判で勝つとかではなく家庭を壊すことだ。

自暴自棄になっている女ほど怖いものはない。

嫁に知られるのも時間の問題だが、仲間を見捨てるわけにはいかない。

既婚者が謝ったら済んだ

俺からの助言は一つ!

誠心誠意、ユキに謝ること。
それしか打開策が見当たらなかった。

とにかくメールを無視するな!
電話じゃなくて一度会って謝れ。
好きだったことは本当だったと言え。

というと、アドバイスの通りに謝罪した。

すると罵声は浴びせられたものの無事に解決した。
誠意ある対応が良かったのか。
とにかく無事に終わって助かった。

彼女は裏切られたうえに連絡を無視されたので怒りのぶつける場所がなかったのだろう。

反省しているところを見て気が済んだ。

後日、友人には解決代としてラーメンを奢ってもらい、「もうこんなトラブルは嫌だな」って話をした直後ラーメンの汁をすすりながら「ユキの汁もすすりたかったな」とぼやいた。

全く反省してない友人であった。

© 2022 Jメールの出会い